M&Aの仲介業者に依頼すれば物事がスムーズに進む

メンズ

会社に残ることもできます

ハンドシェイク

引退を考えているものの、従業員のことや得意先のことを考えるとなかなか決断をすることができない、と悩んでいる経営者も少なくありません。特に小零細企業の経営者においては、創業者である社長のワンマンで会社を引っ張ってきているケースも多く、自分がいなくなったら、経営が一気に傾いてしまうのではないかと懸念している人も多いです。このような悩みを抱えているようであれば、m&aの仲介会社に会社を売ることを相談してみましょう。m&aというと大規模な会社が行う経営手法というイメージがありますが、最近では小零細企業同士でも行っていますし、大手企業が小零細企業に関心を持っていることも多いです。事業意欲のある経営者にm&aを通じて、自社を売ることができれば、従業員の雇用も継続され、得意先に迷惑をかけることもなくなります。それどころか、売り手と買い手の経営資源を融合することで、今までは想像もしなかったような展開を繰り広げられる可能性もあります。また、金銭面でもメリットがあります。自社を売却すれば、売却資金が株式を所有していた経営者に入ります。引退時に退職金代わりのまとまった売却金を手にすることができれば、引退後のセカンドライフものんびりと過ごすことができます。なお、小零細企業を対象としたm&aでは、売り手の経営者は会社を売却した後も、顧問や会長といった形で、その会社に残り、営業指導や技術指導をしていることが多いです。