M&Aの仲介業者に依頼すれば物事がスムーズに進む

男の人と女の人

パートナーを探そう

オフィス

中小零細企業の創業経営者は、若い頃にはがむしゃらに働くことができたものの、会社が少しずつ大きくなり、従業員も増えてくると、従業員やその家族の生活が心配になってきます。また、後継者問題にも頭を悩ませ、ハッピーなセカンドライフとは程遠くなっていくものです。しかし、このような問題もM&Aで解決できます。自社を大きな会社に売ることで、先行きの不安は解消され、事業の発展も期待できます。また、残された社員も、新しい刺激を得る機会が与えられると共に、雇用の安定やキャリア形成が期待できるようになります。つまり、M&Aは売り手の経営者にも、その従業員にも、そして買い手にもメリットのある手段なのです。もしも、事業はうまくいっているものの、経営の先行きに不安を覚えているようであれば、まずはM&Aの仲介会社に相談してみましょう。M&Aの仲介会社には買い手と売り手の会社情報が集まっています。また、M&Aに絡む複雑な会計や税務、法務に関する専門知識も揃えています。M&Aは会社が単独でできるようなものではありませんし、単独で行うにしても大変な労力と時間がかかります。ノウハウを持っている仲介会社をパートナーにして、話をスムーズに進めましょう。最近では、銀行や信用金庫でもM&Aの専門チームを持っていたり、M&Aの仲介会社とネットワークを持っていたりします。どこに相談してよいのかわからなければ、まずは取引のある金融機関担当者に声をかけてみましょう。

会社に残ることもできます

ハンドシェイク

経営者としての引き際に悩んでいるようであればm&aを通じて会社を売却することを考えてみるとよいです。小零細企業の場合には、会社を売却した後も、売り手の経営者は会社に残って若手従業員の指導をしているケースもあります。

市場拡大には買収が効果的

男の人と女の人

企業が新たに市場を拡大する場合、企業買収が行われます。3つの有利な点があります。新規事業を起ち上げる時間を短縮できます。既存の企業を買収するのでコストを削減してリスクを減らせます。従業員を引き継げるので技術力を継承できます。これらの3つのメリットがあるので、市場拡大には企業買収が有効なのです。

攻撃こそ最大の防御

ビル

企業買収の効果として事業拡大や新規参入のよる店舗や工場を準備する関係費用を軽くする事に加え、それに費やす時間を短縮するという事が挙げられます。また、大変時間を有する優秀な人材の育成も企業買収により時間をかけずに行えるのです。